普段の仕事があまりにも忙しく、なかなかクリニックに通うことが出来ない。
不妊治療を始めることに対しても実際にクリニックに行ってみることも不安や抵抗を持っている人は多数いらっしゃいます。
仕事をしながら不妊治療を受けて赤ちゃんを授かりたいと考えている女性は非常に多くいます。
仕事の休みに合わせることができるなど、そういう方にとって、採卵日を数日でもコントロールできる治療方法はとても有益な方法なのです。

 

もし働き盛りの30代の場合、仕事や家庭、そして将来のバランスを取り後悔しない人生設計を立てたいものです。
RLC調節卵巣刺激安心リラックス採卵がそのように考える女性にぴったりの治療なのです。



不妊の治療は働きながら可能ブログ:19-4-19

あたしがいつも心がけている
意外な減量法を紹介します。

それは
「コンビニのない道を通る」という心がけです。

減量を成功させたいなら、
道を選ぶべきだと思うんですよね。

なぜ道を選ぶべきかというと、
コンビニが視界に入ると、ついつい入ってしまうからです。

明るい店内に、窓際にはさまざまな雑誌が置かれ、
人が立ち読みをしている姿などが目に入ると、
気になって引き寄せられて入ってしまいます。

一度、店内に入ってしまうと、
腹が減っていなくても余分な物を買ってしまいがち…

おいしそうなおかしがずらりと並んだコンビニから
何も買わずに抜け出すのは、至難の業です。

あたしは誘惑に弱いので、特に辛いんです!

できるだけおかしは買わないと心がけているあたしですが、
それでも一度視界に入ると気になり始めて、振り切るのに苦労します。

振り切ることができても
「あのおかし、おいしそうだったなあ」「食べたかったなあ」
という心労を増やしてしまい、余計に疲れてしまうのです。

そこであたしは考えたのです。
そもそもコンビニのない道を通ってしまえばいいんだ!
視界にさえ入らなければ誘惑されることもない!

もちろんコンビニを通らない道を選ぼうとすると、
ほとんどの場合、遠回りの道になることでしょう。

しかし、その遠回りも「いい体操になる」と
前向きに考えればいいのです。

このように考えると、コンビニエのない道こそ、
減量成功への道なんじゃないでしょうか?

無用なカロリー摂取をしないための
ちょっとした心がけかもしれませんが、
意思の弱いあたしのような人には、
お勧めの減量法だと思います。

・・・と、こんな事書いてみる

このページの先頭へ戻る