下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまったり、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させることがあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。
いわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、治療することなく放置しがちの方も多くいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

例えば両親が静脈瘤の場合には約90%、そして片親が静脈瘤ですと45%の割合で発症すると言われています。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。



下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:17-4-19

ダイエットしようと考える方は少なくないようですが、
同時にダイエットに挫折してしまう人も多いようです。

ダイエットしようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

ダイエットというのは、
食事制限があったり、体操をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だからダイエットは、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激なダイエットをしなくてはならなくなります。
極端に食事制限してしまうとか、過激な体操をするとか…

かく言うボクも一度、
ダイエットで失敗してしまった経験があります。
ボクの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

またダイエットには体操だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から体操をやっている人なら
それほどきついダイエットメニューではないかもしれません。

ところがボクは、
今まで体操をほとんどやったことがありませんでした。

肉体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくりダイエットするようにしました。
そのときのボクは、ちょっと無理をしていたようです。

ボクのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。


このページの先頭へ戻る