そもそも美容整形で行われている施術は、1〜2ミリ切開するだけだったとしても、見た目の印象が大きく変わってくるものです。
多くの人が抱えている目の悩みを様々な目を実現することができ、効果的に改善することが出来ます。
美容整形でも人気の目頭切開法は、蒙古襞があり、そして平行二重にならないという方に対し、大変最適な手術方法の一つとなります。
医師の技量が術後の結果に左右される美容術で、まずは医師の実績や経験を確認しておくことが大切なのです。

 

末広型と呼ばれる二重まぶたのケースでは、目頭切開法により平行型の二重に近付けることの出来る効果もあります。
この方法なら傷口が目立つことはありませんし、必要以上にお肌を傷付けることはありません。



目頭切開法の確実性は高い!オススメの二重手術ブログ:03-2-19

お子さんって本当に素直ですね。

ミーの息子は、
テレビでおもちゃのコマーシャルが流れる度に…

「あれを買って〜♪」
「これが欲しい〜♪♪」と節付きで叫んできます。

また
「抱っこして!」「遊んで!」「一緒にあそぼ♪」と
いつも感じたまま、ためらうこと無く表現します。

ミーたちも、小さなお子さんの頃は
自分の気持ちに素直だったり、
感じたまま伝えられていた時代があったんだと思うのですが、
大人になると、自分の本当の気持ちが解らなくなったりしますね。

経験を何度も何度も重ねて来た大人たちは、
自分が本当に願っている思いや、本当に欲しいものを、
すぐに思い出せなくなってしまうのでしょうか。

そして身近な人との関係でも、
一番伝えたい気持ちが
見えなくなってしまうこともあります。

家内と喧嘩して距離が出来てしまったり、
ミーの気持ちを理解してくれない家内を許せないでいる時、
ミーの心の中にある本当の気持ちは
「許して欲しい」だったり…

家内に苦労ばかりかけているなあと思いつつ、
家に居る時間を避けたり、
あまり家内に近づかないミーが、
心の底に仕舞い込んでいる言葉は
「ありがとう」だったり…

大人になれば、随分と長い時間取り組まないと、
自分の本当の気持ちに繋がらなかったり、
自分でいくら探しても、
本当に感じている気持ちが分からない…
なんてこともあります。

不思議ですよね。
お子さんの頃は探さなくてもいつも感じられていたのに…
心に固いカバーでも付いてしまっているのでしょうか。

息子を見ていると、
もっと素直に家内と息子に接しないといけないなぁ…
としみじみ思います。



このページの先頭へ戻る