わきがなどといった体臭には抗菌作用の高い石鹸や薬を使い、しっかりと洗浄してあげることが大切です。
美容クリニックで手術をすることで改善できますが、もしすぐに改善を求めているのでしたら普段からのケアも重要なこととなります。
細菌が増加してきてしまうことにより、わきが臭もキツくなってくることになるので、毎日お風呂に入り清潔にすることは基本です。
女性はホルモンの変化がしやすい体質であり、ワキガの悩みを多くの人が抱えてしまっているので早期治療が必要なのです。

 

「ワキガのことで手術をするのは抵抗がある」という方には、その他にも症状を抑えることの出来る治療法もあります。
ボトックス注射なら、ちょっとした注射によってワキガの改善効果がありますが、強度なワキガの場合には効果を期待出来ませんのでご注意ください。



コンプレックス解消のためにワキガの治療ブログ:27-1-19

あたしと祖母には、
遠い昔に因縁の対決がありました。

それは、
あたしが5歳になるかならないかの頃、
4歳上の姉貴と一緒に祖母の家にお泊りにいった時のこと…

あたしにとっては、
生まれて初めてのお泊りで、
ウキウキしながら行ったはずの祖母の家なのに、

23時になるにつれて、あたりは暗くなり
玄関に置いてあるお面が黒光りし、
だんだん怖くなって家に帰りたくなります。

とうとう、耐えられなくなったあたしは、
「うえぇ〜ん、家に帰る、このうち怖ーい!」

こうなったら、居てもたってもいられません。
もちろん、そこにいる保護者である祖母は
出て行こうとするあたしを必死に止めます。

しかし、その時のあたしには、
「怖いところに押しとどめようとする鬼ばば」
にしか見えません。

大人になった今なら、止めて当たり前だと思うのですが、
出ていくことに必死のあたしは、
とうとう暴言をクチにします。

「おばあちゃんなんか大嫌い!!」

あたしにそう言われて、本気を出す祖母、

「あたしも、あんたのこと好かんわね、あんたなんか泊りにこなくていい!」

ガーン、幼かったあたしにはショックな一言でした。
結局、泊まらず
お母さんに迎えに来てもらって家路についたのでした。

それから20年以上、
あたしは祖母の家には行くけども
どこか近づきにくい存在になっていました。

おそらく、祖母に嫌いと言ったあたしは
好かれるわけがないというのが
心のどこかにずっとあったようです。

それまでのあたしは、
拒絶されることが怖くて、
祖母の顔をよく見ることができませんでした。

20数年間怖くて見ることが出来なかった祖母の顔は、
とっても愛おしい表情でした。

あたしは今までもったいなかったなと思いつつ、
勇気をもって顔をあげることができて
よかったなと思っています。



このページの先頭へ戻る